第6回「チームサイエンスの科学の日本での推進 × ハテナソン」開催

​(第26回 北海道大学 URAアドバンストセミナー)

日時・会場

2018年11月2日 (金) 13:30~17:30 (開場13時)

北海道大学 遠友学舎「談話ラウンジ」

お申込・定員・参加費

定員:約40名 (先着順)

 

参加費:無料

 

お申し込みはこちらからどうぞ

 

お申込締切日: 2018年11月1日 (木)

開催趣旨

 科学者がチームを組んで行う研究活動「チームサイエンス(TS)」はビッグサイエンス

 

などと並び、現在の科学文化の大きなトレンドとなっています。「チームサイエンスの科

 

学 (Science of Team Science/ SciTS) 」は、TSに対してどのような人材育成や研究支援

 

を行うのが適切か、実証的根拠に基づいて明らかにしようとする研究教育分野です。

 

 「ハテナソン」は一人一人の発想を尊重し、かつ民主的な方法のもとで、「質問づく

 

り」を行うワークショップです。これにより、特定のテーマの課題等を発見し言語化する

 

ことができるようになります。

 

 本企画で、SciTS とはどのような分野であるかを学びながら、ハテナソンに参加するこ

 

とで、日本でSciTSを進めていくための課題を一緒に考えてみませんか

対象者

 チームサイエンスやハテナソンなどに関心を持つ方

参加者の心得

*予備知識はいりません。
 

*質問をたくさん出しましょう。
 

*お互いのアイディアに便乗しましょう。

~「チームサイエンスの科学の日本での推進×ハテナソン」について~

ここ20年、チームベースで行う研究活動(チームサイエンス)に対する大規模・戦略的な投資が増える中、チームサイエンスの科学(Science of Team Science/ SciTS)が注目を集めています。SciTSとは、実証的根拠に基づきチームサイエンスに対する研究開発、人材育成、支援を行い、チームサイエンスの科学的生産性の最大化、アカデミアの構造変容を目指す学際的教育研究分野のことです。日本では、SciTSが扱う課題への関心が高いにも関わらず、SciTSのような横断的・実証的・応用的な取組はまだ見られません。

このような状況下において、本企画では、SciTSとはどのような学術分野であるかを紹介し、多様な参加者と一緒にハテナソン(質問を創るワークショップ)を通じて、日本におけるSciTSの推進を探求します。

  • TSC Teamsciencecommons
  • TSC Teamsciencecommons
  • LinkedIn Clean Grey

​任意団体 チームサイエンスコモンズ Team Science Commons(TSC)